【マップで攻略】ハリーポッターのスタジオツアー全体像(としまえん跡)

当ページのリンクには広告が含まれています

ネタバレは嫌だけど、全く調べずにいくのも不安。

「ハリーポッタースタジオツアー」はとっても悩ましい。笑

何が困るって、室内なのに・・

とにかく広い!!

この記事は、ネタバレは仕方なしだけど、次いつ行けるかわからないし、しっかり知っておきたい「あなた」のための記事です。

写真とイメージ付きの「マップ」と、スタジオツアー内を実際歩いてみた「風」になれるよう実況中継風にレポートします。

ネタバレ・・と思っちゃいますが、実際は写真なんかじゃ表現できないほど、広く、そして天井高く、細かい。

大まかなところを知っていても、実物の存在感と感動は間違いないです。

さらに、大まかに知っている分、細かいところまで安心してみれるのはメリット。

天秤が難しいですが、ちょっとずつレポートを詳しくしていくので、自己責任で、自分のいいところまでで読むのをやめてください。笑

詳細レポートは、中間地点の禁じられた森の前まで!

公式サイトでチケット↓
公式サイトで予約する

地下鉄乗車券付きチケット↓
Klookでスタジオツアーを予約

関連記事>>>【写真解説】としまえん跡「ハリーポッター」ツアーのチケット予約方法

▪️ハリポタを「聴きながら」ツアーへ行くのも♪

オーディオブック>ハリーポッターを読みたい大人にAudibleがおすすめ!

目次

超広大!ハリーポッタースタジオツアーの所要時間は?

所要時間は、公式では

4時間以上

と紹介されています。

実際私が行った時は、平日の初回でガンガン進んで、最後にご飯を食べて5時間でした。

箒体験やクイディッチ観戦の体験のような「並ぶ系」を飛ばして、です。

観て、歩いて、写真(人物なし)撮って、この時間。

それもそのはず。

1つ1つの展示が、巨大な体育館、もしくはホールくらいなのです。

大阪ならインテックス大阪の展示場とか、東京なら東京駅の国際フォーラムの会場とか、幕張メッセとかくらい・・広い!!!

ディズニーランドもUSJも、屋外なのに、ぎゅーーっと詰まってるので、そこまで広く感じなかったりするんですが・・

ハリーポッターのスタジオツアーは展示と展示の間がゆったりしています。

(ゆったりを超えてますが)

しかし、「4時間歩く」ってイメージがあんまり湧かない。

しかも「室内」を4時間・・??

1万5,000歩歩きました

ネタバレ極力したくない・・と思いつつも、全くのノーリサーチだと、普通に大量に見逃しが発生します。

し、体力の配分も出来ない。笑

近場ならともかく、遠方からで、めったに来れないならやっぱり準備は必要だなと感じました。

ここからは、できるだけイメージが湧くようにスタジオツアーのマップ、さらに、スタジオツアー全体を実況中継風にお伝えします。

ハリーポッタースタジオツアー(としまえん跡)マップ

ハリーポッター、スタジオツアー東京のマップを写真付きで作ってみました。

ハリポタスタジオツアーのマップ

スタジオツアー/サービス施設をもとに作成

広大な敷地内をぐるぐる回る感じ。

ただし広すぎるので回っている感覚は皆無です。笑

公式サイトに文字だけの館内地図はありますが、もう少しイメージつけてから行きたかったなぁと。

私が撮影した写真を配置してみました。

で、こんな感じでとーーーーにかく、見るところが多い!!!

普段写真を撮らない人でも、絶対撮りたくなる・・!

靴とモバイルバッテリーは必携です。もう絶対。

私は直前に買いました。

時間がたくさんある場合はいいですが、時間に限りがある場合は時間配分に気をつけたい。

最後のほうに魔法省とかダイアゴン横丁が出てくるので、そのときヘトヘトもしくは、時間ぎれは避けたいですよね。

では、マップをなんとなく見たところで、写真でツアーの全体を把握します!

写真で見る!ハリーポッタースタジオツアーの全体像

では、エントランスから、写真と共にもう少し詳しくツアー気分をお伝えします。

まずは、写真多めで。

SPOT
エントランス・カフェ
ハリーポッタースタジオツアー エントランス

入ってすぐは広々としたエントランス。

左手にグッズショップ、右手にカフェとフードホールが繋がっています。

扉などの仕切りがないので、実際の広さ以上の開放感がすごいです。

「フロッグ・カフェ」。

物語に登場する「カエルチョコレート」がイメージされた「カフェ」です。

ドリンクや、ケーキ・ドーナッツなどを買うことが出来ます。

フードーホール。

大広間がイメージされ、天井には「ろうそく」が浮かんでいます。

フロッグカフェと繋がっていて、こちらも広々。

SPOT
入場

展示スペースには、エントランスに比べると「小さな」入り口から入っていきます。

2000年9月29日、ハリーポッターの映画が始まった日・・。

2023年の今、この文字を見て思うこと・・。

展示エリアは、歴代の映画のポスターから始まります。

SPOT
展示室内へ

いよいよ展示エリアが始まります。

SPOT
大広間

初めは、大広間から。

写真はライトダウンされているところ。

雰囲気がすごいです。

SPOT
プロダクションデザイン
プロダクションデザイン
SPOT
大理石の階段

ホグワーツ城の中の階段。

ホグワーツ城の階段といえば・・そう、動くわけです。

肖像画も、壁の一番上までぎっしり飾られています。

SPOT
ホグワーツライフ

映画に登場したホグワーツの「寮」の展示が。

グリフィンドールと・・

スリザリン。

雰囲気の違いがめちゃくちゃ出ています。

スリザリンの方は一部展示の中に入れます。

細かい装飾や小物をしっかり目に焼き付けて・・

ダンブルドアの校長室。

フォークスや歴代校長たちの肖像画・・

そして、あの帽子も。

くまなく見ないと見落とします。

SPOT
衣装と小道具

衣装や小道具の展示。

ファンタスティック・ビーストの衣装や、ウィーズリー家の「時計」などなど。

SPOT
ホグワーツレッスン

ホグワーツでの「勉強」の日々を体験。

闇の魔術に対する防衛術の教室や・・

図書館。

そして・・あの「地下教室」。

魔法薬学の教室。

瓶のラベル1つ1つまでこだわりが詰まっています。

SPOT
禁じられた森

ここまでの展示から、ぐっと「危険」な雰囲気に。

禁じられた森の入り口です。

ハグリッドやバックビークの姿も。

そして森といえば・・そう・・あの生き物。

SPOT
ハグリットの小屋

一旦外へでて、ハグリットの小屋へ。

天井から床まで、すべてがハグリットです。

SPOT
バックロットカフェ・バタービールバー

一旦中へ入ると、バックロットカフェと、バタービールバーにつながります。

バックロットカフェは室内の席数もかなり多く、広め。

お弁当なども販売されています。

バタービールバーは思いっきり「外」です。

屋外の展示が見える場所にあって、天気のいい日は気持ちがいいです。

SPOT
バックロット

バタービールバーの向かいにあるのが、プリベット通り4番地。

芝生が美しいダーズリー家です。

中にも展示があります。

「アズカバンの囚人」に登場する「ナイトバス」。

映画のみに出てくる場所ですが、「ホグワーツ橋」。

SPOT
9と3/4番線

屋外展示の後、再び屋内に入ると到着するのが「9と3/4番線」です。

ここもとにかく広い。

ホグワーツ特急は車内にも展示があり、入ってみることが出来ます。

フォトスポットも。

SPOT
ロンドン魔法省

ロンドン魔法省。

スケールが圧倒的。

今にも暖炉から魔法使いが出勤してきそうです。

SPOT
クリーチャー制作室

ハリーポッターといえば、個性豊かな動物たち。

・・これは、「動物」なのか。笑

SPOT
サウンドエフェクトスタジオ

ハリーポッター作品をより現実的にしているのが、音響。

効果音や音楽など、存分に味わえる空間です。

SPOT
ダイアゴン横丁

ダイアゴン横丁。

きっと誰もが、いつか迷い込めると一度は思ったはず。

あのお店や、このお店。

そして、あの「道」。

SPOT
グラフィックデザイン

ハリーポッターを支える数多くの「デザイン」。

映画の中ではあまりにも世界観に溶け込みすぎて自然すぎて。

それを目の前に飾られると、圧倒されます。

SPOT
ホグワーツの模型

いよいよ最後の展示室。

ホグワーツ城の模型です。

緩やかなスロープがぐるりと模型の周りを囲っていて、上から下に下りながら鑑賞できます。

明かりが変わるのも魅力。

時間の移ろいを感じられます。

SPOT
ワンドルーム

いよいよエンドロール。

ハリーポッター、ファンタスティック・ビーストに関わった俳優さんだけでなく、多くのスタッフの名前が、杖の箱に記されています。

この「スタジオツアー」を一番表現しているのがこの部屋なんじゃないかと。

たくさんの人が作り上げた「ハリーポッター」の世界に対するリスペクト、そして愛情。

胸がいっぱいになる場所です。

ここからはもう少し詳しく紹介して行きます。

全くネタバレなしで当日を迎えたい!

という場合は、この記事はここまで。

次の、「チケット予約」の記事へ移ってくださいね。

【写真多め】ハリーポッター「スタジオツアー東京」詳細レポ

ここからは、私が見てきたスタジオツアー東京をそのままに写真多めでレポートして行きます。

ネタバレになるので、ここから先は自己責任でお願いします!

としまえん駅からすでに魔法の世界の匂い

駅の改札を出ると、ぽつぽつとハリーポッターの魔法の世界が。

ハリーポッタースタジオツアー_電話ボックス

トランクの・・忘れ物?

ハリーポッタースタジオツアー_電話ボックス

電話ボックスには、しっかり「コイン」が。

ハリーポッタースタジオツアー_電話ボックス

さぁ、魔法の世界はもう目の前です・・。

エントランス

広場のような場所を抜けて、入り口へ。

チケットの確認は建物の入り口の外で行われていました。

そして、建物に入ってすぐに出迎えてくれるのが、ドラゴン。

結構見上げないと見えません。

実は、ドラゴンなんですが、実は外からも見えるんです。

ハリーポッターのロゴの上はガラス張り。

夜になると、建物の中のライトの方が外より明るくなるので、外のガラスからドラゴンが透けて見える・・という。

なんでこんな見辛いところにドラゴン?

と思ってましたが、帰ってから公式HPとかの建物の「外」からの写真を見て・・愕然。

ぬぁああそういうことだったのか。となりました。

ドラゴンの背景になっている「空」部分も透けて見えるんです。

曇天だったので、全く気づかず。

ドラゴンは見えませんが、ロゴの左半分は「空」が見えますよね。

ドラゴンの下を通り抜けると、広いエントランスが広がります。

天井近くがぐるりとスクリーンになっていて、映像が映し出されています。

左手がグッズショップ。

そして、右手がフロッグカフェと、フードホールです。

青いジャンパーを着たお姉さんが立っているのが、展示室への入り口。

ぽっかりと暗い穴が空いているだけ。

左右のショップやレストランが明るいだけに、余計に目立ちません。

地味。

でも、ハリーポッターの「魔法の世界」への入口といえば・・という雰囲気。

こんなところから、こだわり爆発・・

どうしましょう。

さぁ、どんどん見ていきましょう!

ハリポタスタジオツアーのマップ

フロッグカフェ

ハグリットがくれた「誕生日ケーキ」や、二フラーのケーキはここ。

フードホール

1日中食べられる「モーニング」セット。

メインのグッズショップ

スタジオツアー_お土産ショップ

2つあるうちのメインのショップはエントランスを入ってすぐにあります。

展示室の「外」なので、展示室内を見た後にゆっくり買い物をすることもできます。

スタジオツアー_お土産ショップ

「ショップ」の段階で、上から下まで徹底した「ハリーポッター」装飾。

グッズショップは展示室に入る前も、後も混んでいるので、ゆっくり上を見ながら歩くとちょっと危ないですが。笑

それでも、全部をゆっくり見たくなるほど素敵です。

ここから、もう「展示」。

本を買うこともできます。

スタジオツアー_お土産ショップ

関連記事>>>【2023年最新】ハリーポッターを本で読むならどれ?何冊ある?原作本の種類と違い・リンクまとめ

ミナリマのショップもこのメインショップの中にあります。

スタジオツアー_お土産ショップ

関連記事>>>本だけじゃない!『ミナリマ大阪』とハリーポッター

展示スペースへ

準備ができたら、展示スペースへ。

青い服のお姉さんが立っている隣が入り口です。

ポカンと空いた穴。

魔法の世界は、マグル(非魔法族)の世界のすぐ隣合わせに広がっている。

どこまでも作り込まれた世界の始まりです。

歴代の映画のポスター。

ファンタスティック・ビーストの撮影現場の写真もありました。

ここから、撮影不可のエリアが2つ。

イメージとしては、ディズニーランドのフィルハーマジックの進み方が近いです。

立ったまま映像を見るエリアがあり、その後、劇場型・映画館のようになったエリアで、座って映像を見ます。

そして・・

この扉の登場。

扉ばかりに心を奪われてしまいますが、サイドの装飾もすごいので・・!

扉を開ける人は、2人。

私が行った時は誕生日の2人が扉を開けていました。

うらやましい!

大広間

大広間は時間制限があります。

照明の落ちた状態でスタート。

照明が明るくなり、お姉さんが大広間の説明をしてくれます。

説明も聞きたいし、写真も撮りたいし・・で大忙し。

入ってきた扉をゆっくり撮影することも。

大広間の両サイドに、長テーブルが置かれ、テーブルの上にはテーブルセットが。

豚の水差し。

天井までしっかり見たい。

広間の前方には先生方の姿があります。

寮対抗の砂時計。

そして、あの帽子も。

この大広間の時間「10分ほど」という事前情報で行ったのですが、私が行った時は10分もないくらい、7分くらいで入れ替えでした。

とはいえ、そこまで短くは感じず。

準備ができてなくて、圧倒されて終わった・・とも言えますが。笑

大広間の明かりが落ちて再び暗くなると、次のグループと入れ替えです。

もうワクワクが止まらなくなっています。

大理石の階段

大理石の階段は・・なんと「動く」のです。

ぼんやりしていると見逃します。笑

それくらい音もなく自然に動きます。

この大階段の横に、肖像画になれる体験コーナーがあります。

ホグワーツライフ

映画に登場したホグワーツの寮の中を覗くことができます。

グリフィンドールの談話室と、寝室。

さらに、スリザリンの談話室が展示されています。

あたたかい雰囲気のグリフィンドールの談話室。

思い浮かんだのは映画以上に、ホグワーツレガシーでしたが。笑

関連記事>>>つまらない?ハリーポッターのゲーム「ホグワーツレガシー」PS4体験談

打って変わって、スリザリンの寮。

怪しげな雰囲気が漂っています。

が、これはこれで魅力的。

怪しげな空気感が「いかにも・・」。

スリザリンの方は一部の展示の中に入れます。

この「入り込める」のがスタジオツアーの魅力なんではないかと、振り返って感じます。

グリフィンドールの方はまさに「展示」という感じでしたが、スリザリンの方はここまでしっかり近づくことができます。

心に残っているのは、スリザリンの方。

そして、クィディッチ。

クィディッチの観戦者になれる!という体験はこのエリアにあります。

もうこの辺りから、先が気になりすぎてはやる気持ちが・・。

もうちょっとゆっくり見てもよかったな・・と気づくのは終わってから。笑

個人的に大好きだったエリアがこちら。

ハリーポッターの装飾って、数が多くなればなるほど、/その魅力と雰囲気が爆発します。

必要の部屋

姿をくらますキャビネット。

謎のプリンスのもう一人の主役の切なさが蘇ります・・。

スタジオツアー_必要の部屋

憂の篩(ふるい)、ペンシーブ。

隅の方に展示されていて、この配置すらこだわりを感じでしまいます。

思わず覗きこむ・・

そして篩のすぐ隣は、ダンブルドアの校長室の「裏」にあたります。

なんとも居心地の良さそうな空間。

ダンブルドアはどんな気持ちでここにいたのか・・

大きくて優しい姿と共に、悲しい過去がぐっと迫ります。

ちょっと裏側なのも、また。

肖像画の中で穏やかそうに眠っている、ダンブルドア。

その表情に少しだけ安堵してしまいます。

この小部屋の正面は、ダンブルドアの校長室です。

こちらは偉大な魔法使いのお部屋・・という感じ。

歴代の校長先生たちの肖像画も。

組み分け帽子も・・!

そうでした、組み分け帽子は校長室にあったんだったな・・なんて。

しばし見とれます。

情報量が多すぎて、すでにパニック。笑

「不死鳥の騎士団」の展示も。

次の日、呪いの子を見にいく予定だったので、この展示は刺さりました。

関連記事>>>原作ファンの「ハリーポッターと呪いの子」舞台の感想は?

衣装と小道具

ちょこっと休憩。

「展示」という感じになります。

しかし・・

油断禁物・・!!!

ホグワーツレッスン

ハリーたちが日々を過ごした教室を味わえます。

闇の魔術に対する防衛術

闇の魔術に対する防衛術は、先生が1年しか続かない・・という呪われた科目。

なので、この教室は誰の教室か・・というと。

3作目「アズカバンの囚人」のルーピン先生の教室なんだそう。

ルーピン先生が集めたものなんだとか。

この教室で、デモンストレーションがありました。

図書室

この雰囲気・・

飲み込まれそうです。

セットなのに、何十年何百年と時を重ねてきたような、重厚さ。

スタジオツアー_図書室

ハリーたちが使っている「教科書」も。

図書室

「ミナリマ」デザイン。

図書室

入口のミナリマのお店でノートが購入できます。

本物・・いや作り物なんですが・・本物・・雰囲気がすごいです。

関連記事>>>本だけじゃない!『ミナリマ大阪』とハリーポッター

魔法薬学

魔法薬学の地下教室・・。

中にしっかりと入ることが出来ます。

一面に薬草やら何やら、怪しげなものが詰まった瓶が大量に。

そして、「フェリックス・フェリシス」。

魔法薬学

インラタクターさんが教えてくれなきゃ、一生気づけない。笑

魔法薬学

ため息が出そうで、ずっといられそうでした。

みぞの鏡

スタジオツアー_みずの鏡

みぞの鏡。

もうこの鏡を見ると、いろんな感情が溢れかえって忙しいです。

感想は次の記事で。

【感想】ハリーポッタースタジオツアー東京!原作ファンの感動ポイントとは

地下鉄乗車券付きチケット↓
Klookでスタジオツアーを予約

公式サイトでチケット↓
公式サイトで予約する

まとめ

ハリーポッタースタジオツアーはとーーにかく「濃い」!

ここまでで、まだ、禁じられた森の手前(↓)。

ハリポタスタジオツアーのマップ

そう、まだ半分行ってません。笑

前半だけで記事がすごい重さになったので、後半は別記事で。

前半も、全部の写真は載せれていませんし、細かく見ていけばもっともっと見どころだらけ。

ただ、時間も体力も有限です。

雰囲気が掴めていると、時間配分や体力の配分ができる。

とはいえ、初見の驚きも捨て難い・・。

なかなか難しい天秤ですが、USJやディズニーランドに比べたら、ちょっとお安めではあるけど、そんなに何回も行けるものじゃないし、関東に住んでなきゃなかなか・・。

そんなあなたのためにまとめてみました。

参考になれば嬉しいです。

▪️後半はこちら。

次の記事>>>【マップで見る】ハリーポッタースタジオツアー東京攻略〜後半

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次